スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬県 椀名条山 バンガロー泊 低山ハイキング

2008年11月23日 17:14

今週末は、群馬県にある椀名条山(わんなじょうやま)標高 1051mを目指すことにしました。
今回はあらかじめ、登山入り口近くにあるキャンプ場「黒坂石バンガローテント村」でバンガローを予約しておきました。
もう寒いのでテントは厳しい。

わたらせ渓谷鐵道「沢入(そうり)」駅の横を通過する細い道を進みます。
沢入駅
なんともレトロな情景


細い道を看板を頼りにさらに進むと、程なく本日のベース基地「黒坂石バンガローテント村」に到着。
黒坂石バンガローテント村

清掃が行きとどいており、とても気持ちがよいキャンプ場だ。
(管理人さんもとても親切なかたで、なんだか安心できる)

XDSC_000500.jpg
「ツリフネ橋」と書いてある

キャンプ場のすぐ下に椀名条川が流れており、清流の心地よい音が周囲に漂う。

XDSC_000700.jpg

これが、本日のベース基地 バンガロー「やしおつつじ」。

やしおつつじ

おお!とても綺麗!
木の状態もまだ新しいようだ。
電気がついている・・・、折角ランプ持ってきたのに・・・(涙)。
やしおつつじ2F

こちらはロフト部分。
寝るときはここで寝るようだ。

XDSC_001200.jpg

椀名条山はあの奥に見える山だな!
よし、行くぞ!!! 目指せ!椀名条山 山頂!!!


黒坂石バンガローテント村の管理人さんにもらった地図では、のぼり2時間ちょっとで到着の予定。
最初は遊歩道を歩くようだ。
XDSC_001300.jpg

・・・って、いきなりすごい枯葉の山!!!うぅ、すごく歩きづらい・・・。

XDSC_001400.jpg

やっと遊歩道という感じになってきた。
遊歩道も10分も歩くと無くなり、急な斜面をひたすら登る。

XDSC_001500.jpg

つっ辛い(汗)。
登山者が少ないのか、枯葉が多いからなのか、登山道が非常に不明確。
赤いマーキングを探しながらひたすら登る。
XDSC_001600.jpg

取り合えず尾根に出た! ふぅ~っ。
XDSC_001700.jpg

一休みしてから、一気に登るぞ!
今日はトレッキングではなく、登山だ!頂上を目指ざすことが目的!!!
(トレッキングと登山の違いはこちらを参照)

XDSC_001800.jpg

いやぁ、それにしても急勾配だ。
目標物も無く、景色もまったく変わらない。
所々に「椀名条山⇒」という看板は出ているが、何時になっても着かない・・・。
道はあっているはずだが、もう3時間以上も歩いている。

もうダメだ!!!

・・・今日は、登山ではなく"トレッキング"にしよう。。。汗。

XDSC_001900.jpg

登山口から約3時間30分。
この特徴のある木のところまで来た。
いったい頂上までどれくらいの位置だったのだろう?

黒坂石バンガローテント村へ戻る


黒坂石バンガローテント村は、AC電源が完備されており、家から持ってきたハロゲンヒーターを付け暖を取る。
ポカポカとはいえないが、前回のテントに比べたら格段の暖かさ。
XIMG_017000.jpg

はぁ、快適。
椀名条山 山頂には到達できなかったが、秋の空気を堪能できた。満足×2。
XIMG_017100.jpg

椀名条山 トレッキングの苦い記憶を魚に、いつもの焼酎で締める。

バンガロー泊 低山トレッキングもなかなかよいものだ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mountainstochigi.blog24.fc2.com/tb.php/28-9672735e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。