スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木県 女峰山 テント泊ハイキング 決行!!!

2008年11月03日 19:48

00001.jpg

初めてのテント泊 低山ハイキングに選んだ場所は、栃木県 日光市にある女峰山(標高 2,483m)。
ブログで「庚申山へテント泊登山!」と書いてしまったことに対して、妻から猛烈な抗議があり、急遽場所を「女峰山」へ変更。
女峰山を選んだ理由は、頂上付近に水場があること。(これは重要)

いつもより重たいザックを担いで、いざ出陣。
BIMG_013400.jpg

志津林道を車でいけるところまで行き、ゲートのところに車を駐車し、そこから歩く。
BIMG_013500.jpg

BIMG_013600.jpg

天気は最高の行楽日和。遠く日光連山が見えてくる。
・・・女峰山!あんなに遠いのか!
BIMG_013900.jpg

空には雲ひとつない。

人は体が楽なときは良く写真を撮るが、辛くなってくると全く写真を撮らなくなってしまう。
ここから「工事用モノレール乗り場」⇒「工事中の砂防ダム」⇒「果てしない登り」⇒「やっと着いた水場」⇒「唐沢小屋」までの間、写真無し。
何をやっていたんだ! 自分!!!(後悔)

唐沢小屋到着が 16:40過ぎ。
秒単位であたりが暗くなる。
BIMG_014200.jpg

完全に暗くなる前に、何とかテントを設営。
・・・しかし、そこで気がついた。
テントの両サイドがメッシュ。・・・これは夏用テントだ!!!
日没後、急激な温度低下。さっ寒い。予想以上の寒さ!
BIMG_014100.jpg

バーナーとロウソクで暖を取る。
ロウソクは5本、ガスボンベは1本。 長時間は使えない。
テント内でクッカーを使い夕食をとると、寝袋へ入ることに。

ここで更なる悲劇が!
夫婦 + 子供2人で寝袋×2。 1つの寝袋に2人入るつもりだったのだが、子供が入ると大人は下半身部分しか入れない!
・・・仕方がない!大人は上半身を露出させた状態で我慢することに。

21:30
・・・ロウソクが尽きる。 (寒さのレベルがMAXに!)
人生始まっていらい経験する寒さ。もはや「寒い」という言葉を超えている。

0:27
寒い!少し寝ても寒さで目が覚める。
隣の女房を見ると、パーカーの帽子を被り紐をグッと締め、まるでツタンカーメン。
動かない・・・死んでいる?
「おい!」と声をかけると、「寒い」という返事あり。
・・・よかった。生きていた。

2:10
寒さのレベルがさらにUP!!!
少しだけバーナーを点火。

3:30
死ぬ寸前。
靴下に入れておいたホッカイロは冷たくなり、同時に足も氷のよう。
寝袋を貫通する寒さ。・・・もう限界だ!

5:30
周りが明るくなり、安堵。
・・・助かった。
BIMG_014300.jpg

テントの表面はガチガチに凍りつき、夜の寒さを物語る。

さあ、2日目、女峰山頂上を目指す!!!
BIMG_014400.jpg

頂上から降りてきた登山者とすれ違う。
聞くとここから頂上までは35分という。
このガレ場を登れば頂上だ!
BIMG_014600.jpg

急なガレ場。慎重に登る。
BIMG_014700.jpg

途中で見える展望は最高。・・・生きていてよかった。
BIMG_015500.jpgBIMG_015200.jpg

やっと頂上だ!
着いたぞ!女峰山 山頂!!!
BIMG_015700.jpg

頂上はものすごい風。飛ばされてしまいそう。
でも頂上からの展望はまさに360°パノラマ。
BIMG_015800.jpg
BIMG_015900.jpg
BIMG_016000.jpg
BIMG_016100.jpg

男体山、白根山、遠くに富士山が見える。
まさに絶景。来てよかった。

失敗の連続だった初のテント泊 登山 in 女峰山。
次へつなげる課題は洗い出された。
この課題を解決し、次の挑戦へ望みたい。


コメント

  1. @宇都宮 | URL | -

    癒されました。

    こんにちは。

    初めて投稿致し得ます。
    前にも訪問しましたが、本日は、全部読ませて頂きました。
    女峰山! 大笑いしましたが、お子さんはどうだったのか少し心配しました。

    ガレ場での振り返りは、
    「途中で見える展望は最高。・・・生きていてよかった。」
    その通りですよね。私も初めての時、振り返り、思わず「おおぉぉぉ~~~」と叫んでいましたもの。

    有難う御座いました。又来ます。

  2. 中年登山家A | URL | -

    Re: 癒されました。

    @宇都宮さん、コメントありがとうございました。
    返信が遅れてしまい本当にごめんなさい。

    女峰山、大変でした。
    子供は2日くらい熱を出しましたが大丈夫です。

    登山はやっぱり気持ちがいいですね。
    またよろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mountainstochigi.blog24.fc2.com/tb.php/14-15293ffc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。